平成19年2月14日(水)19:00~放送の笑ってコラえて!のいけてる会社訪問に長野ポンプ(株)が特集放映されました!

日テレ(日本テレビ)の笑ってコラえて!に長野ポンプ株式会社が特集放映されました。内容は消防車の旅でイケてる日本の消防車メーカーを訪問する企画です。弊社が今から40年前に開発し、今では全ての消防車両に搭載されるようになった電磁クラッチ式自動揚水装置の開発秘話が再現ドラマも交えて放映されました。1月中旬に弊社の工場で朝早くから夜遅くまで延べ6日間撮影が行われました。

電磁クラッチ式自動揚水装置が開発される前は、殆んどの車両の真空ポンプ駆動装置はコーンクラッチ式が使用されていました。コーンクラッチは円錐形状のクラッチ盤をスプリングの力で押し付け、円錐形状のクラッチ盤同士の摩擦力で動力を伝達するのもでしたが、度々の調整が必要で現場でのトラブルの殆んどを占めていました。

当時トヨタ製の乗用車に『カークーラー』が装備され始めたばかりの頃でそのコンプレッサーの駆動力のON、OFFを電磁クラッチで行っていたことがヒントになって、当時の日本電装の協力を得て日本で始めて電磁クラッチ式自動揚水装置が誕生したのです。この発明は画期的でこれまで度々必要であった、クラッチの調整を皆無にしたばかりか、現場でのクラッチトラブルによる放水ができないという現象を一掃しました。現在では全ての消防車両に当たり前のように装備されていますが、これを開発するには約一年半の歳月と努力があったのです。

皆様、ご覧頂きましてありがとうございました。。