双方向サイドプルタイプ吸管巻取り装置が実用新案権

技術評価にておいて有効性が証明されました!

実用新案を取得しておりました双方向サイドプルタイプ吸管巻取り装置は実用新案権の技術評価においてその権利の有効性が証明されました。私達はこの優れた技術を幅広く皆様にお使い頂けるようこの技術を登録制度と致したいと思います。この技術を無料でお使い頂ける代わりにこの技術をお使い頂いた車両にご購入頂いたプレートを貼付頂くことになります。この技術をお使いになりたいお客様は弊社までご相談ください。

消防ポンプ自動車の吸水管は通常車体後部に車体に対して鉛直方向に収納されていました。
しかし、車体の体積が小さいCD-Ⅰ型消防ポンプ自動車では資機材の収納スペースが限られており吸水管の収納は資機材の収納スペースを大きく圧縮してしまっていました。
長野ポンプが開発したサイドプル式吸水管巻取り装置はポンプ室後部に吸水管を車体に対して直角方向に搭載することにより、車体後部左右のスペースを有効に使用することが可能になりました。また、左右どちらからでも吸水管を引出せるため(実用新案取得・技術評価クリアー)水利部署する位置を選びません。さらにこれまでのサイドプルタイプは吸水管を後方に引くことができませんでしたが長野ポンプのサイドプル式は後方にも容易に吸水管を引出すことが可能です。また、このシステムは非常に構造がシンプルでコストもバックプル式とほとんど変わりません。

サイドプル式(シングル)

サイドプル式(シングル)

サイドプル式(ダブル)

サイドプル式(ダブル)

 

 

 

 

 

長野ポンプのサイドプルタイプ吸管巻取り装置は本年度実用新案権技術評価において有効性が証明されました。この技術をご使用になりたい場合は弊社にご相談ください。